嗅ぎたばこVELOを買ってみたら意外と良かった!禁煙にも!

2020/07/10

雑感 嗜好品

t f B! P L
こんばんは。

今日は嗅ぎたばこの話です。
Da★Bo改め蘇芳陸式はもともと喫煙者なのですが、ここ1年ほど使用していた加熱式タバコを辞め禁煙に挑戦していました。

喫煙自体は元々ストレスから始めたものですが、喫煙者であるにも関わらず私自身がタバコの煙や臭い、口や喉に残る不快感がこの上なく嫌いでした。

そのため、日常的には問題なく吸わずにいられたし、吸いたいと思うこともありませんでしたが、吸い始めた理由が理由だけに、たとえば仕事などでムッとすることが起きた時など、ストレスを感じたときだけはどうしても吸いたくなってしまいます。

飴やガムなどの甘いものを摂取するという対応も有り得るでしょうが、甘いものもやはり食べた後の口の不快感が苦手で、なかなかタバコのストレス解放効果を代替できる方策がなく、色々と探してみた結果出会ったのが今回紹介する嗅ぎたばこです。

嗅ぎたばことは?

タバコというと、は刻んだタバコの葉を紙などでまいて火を付けて吸う所謂紙巻たばこが一般的です。
これとは異なり、嗅ぎたばこというのは、非常に細かく刻んだタバコの葉を鼻から吸うもの、または刻んだタバコの葉を布の袋に入れて、口の中に含んで使用するものを指します。

このうち口に含んで使用する湿式嗅ぎたばこをスヌースといいますが、今回私が購入して使用しているのがこのタイプです。
喫煙(といっていいのか?)に火や熱を使用しないので、煙が発生せず、当然嫌な臭いや周囲への迷惑が生じません
また、肺に有害物質を含む煙を入れませんので、肺がんのリスクもない製品です。

今年4月の健康増進法の施行により、煙が一切発生しないこのタイプの製品が少しずつ日本国内の会社からもリリースされてきています。


ゼロスタイル・スヌース(日本:JT)か、VELO(スウェーデン:BAT)の2商品です。

VELO ポーラー・ミント・ミディアム

今回私が購入した製品はこちら。

KENTやアメリカンスピリッツ、ラッキーストライクの販売元であるブリティッシュアメリカンタバコ(BAT)から、今年2月にリリースされたVELOという製品です。
ゼロスタイル・スヌースも気になったのですが、そもそもJT製品は米糠抽出物の添加がある製品もあり、米アレルギーの私には候補に入りませんでした。

パッケージはスマートな見た目でデザイン性も良いですね。
タバコ製品ですので、ガッツリ有害性の説明が表面に貼付されています。
この蓋の部分が、嗅ぎ終わったタバコを収納するケースにもなっています。ただ、唾液まみれの吐き出したやつを持ち歩きたいかと言うと微妙ですね……
吸い殻と違って普通にゴミ箱に捨てることが出来るので、私の場合はティッシュなどにくるんでゴミ箱に捨てています。

蓋を開けてみると中には綿の袋に詰まったスヌースが20包入っています。
恐らくは子供の誤飲を防ぐため、最初開け方がわからないくらい蓋は固めですので、勢い余ってばらまかないようにちょっと注意しないといけません
原材料としては、ニコチン、松パルプ、香料、人工甘味料、食塩ということで、タバコの葉から抽出されたニコチンが添加されていますが、タバコの葉そのものは使用されていません

見た目はタバコというよりなんというか……
バター……飴?

しかし飴のように噛んだり飲んだりしてはいけません
これにもちゃんとした使用方法があります。

使用方法

歯茎と頬の間に挟む

これだけです。
公称5〜30分ほどが美味しい時間、味の持続は1時間ほどとなっています。
ただ私の場合3時間以上口に入れていても味がしているので、その辺りの感じ方は人によるようにも思います。

上顎側に挟むとあまり唾液と触れないので長く楽しめますし、下顎側に挟むと染み出したニコチンの強いキックを感じることが出来ます。
私の場合は元々低用量のニコチンを長時間摂取することによる抗ストレス作用のための使用で、キックの強さは求めておらず、上顎側、特に鼻の下の部分にはさみます。

話は逸れますが、ゲーム「メタルギアソリッド」シリーズに登場するパス-オルテガ-アントラーデがスヌースの愛用者です。

鼻の下を人差し指で撫でる仕草が印象的でしたが、あれが嗅ぎたばこの口の中のスヌースの位置を直す仕草です。

味と使用感

私が購入した製品の味は一言で言うと、甘しょっぱいミントガムです。

と言うと不味そうなのですが、意外とこれが美味しいです。

口に含むと、まず強いミントの香りが口に広がり、触れた部分がニコチンの刺激でチクチクと痛みが走ります。
強炭酸の飲料を口に含んだような感覚ですので、炭酸飲料が苦手な方はあまり得意でないかもしれません。

唾液がしみるに連れ、少しずつ甘みと塩味が口に染み出してきますが、ミントの香りと合わさるとこれが中々癖になる味わいです。

タバコの葉を使用していませんので、エグミのようなものは全くありませんし、同時に喫煙しているという感覚は全くありません

口に入れて数分すると、ゆっくりタバコを吸った直後のような多幸感がやってきます。
普通のタバコによるニコチン摂取とちがって、長く口に含んでいると口の中でニコチンの濃度が徐々に下がっていくためか、一個使い終わったからまた立て続けにもう一個使いたい!といったような渇望感は全く感じません

このゆっくり落ちていく感覚に慣れれば、禁煙を目指す人には強い助けになるのではないかと思います
ニコチンガムも同様の効果がありますが、高価ですし美味しくないので……通常のタバコとほぼ同じ額で購入できることもあり、私はこちらのほうが禁煙には向いているんじゃないかという印象を持ちました。

ちょっといいなと思ったところ

仕事中も嗜める

煙も臭いも蒸気も出ないので、仕事中でもニコチン接種ができます
加熱式たばこの場合は、見た目が完全にタバコを吸っている所作ですので、周囲からの見栄えが悪いということで禁止される場合が非常に多いと思いますが、スヌースの所作はガムと変わらないので、仕事をしながら口に放り込んでも全く問題ありません。

いちいち喫煙所にいかなくてもいいので、仕事から手を放さずに気分転換をすることが出来ます。

飲物の味に意外と影響しない

ニコチンは刺激だけ、ミントの香りもありますが、上顎側の歯茎に巻き込んで唾液に触れさせなければあまり香りが染み出しません。
ですからたいていの清涼飲料水を飲む場合には口に含んだままでも影響しませんし、飲み会の飲み放題で出されるようなお酒をたしなむ程度であれば、味にはほとんど影響しません

ただ、さすがに高いお酒はこれを口に入れて飲みたいとは思いませんが( ´艸`)

消費が少ない

よほど舌の上で転がすようなことをしなければ、30分以上は口に入れて効果を感じることが出来ます。
紙巻きたばこや加熱式たばこの様に立て続けに吸うようなことはまずないので、私の場合で朝から寝るまでで4袋消費、20包一箱で5日分といったところです。

1箱が580円と普通のたばこよりは若干高いのですが、日数で割ると一日一本ジュースを買う程度の出費で済みます。

注意点

噛まない、吸わない

材料を観る限りはそう危険のあるものも入っていないように感じますが、綿の袋ですので噛めば破けます
強く吸っても破けます

中身は細かなパルプですので破けると口の中にジャリジャリとした感覚が広がって不快ですし、下手すると飲み込んでしまいますので、そうならないように注意が必要です。

さいごに

今日は製品レビュー記事でしたが、タバコを吸ったことのない方に積極的におすすめする意図はないので、そこだけ誤解なきようお願いします。

IT系の仕事をしていると、ストレスだけでなくVDT作業ということもあり、抗ストレス効果のあるタバコやアルコールに頼る方の割合はそこそこ多くなります。
これは仕方ないことだと思いますが、それ自体がストレスになってしまっては本末転倒です。
場所や見た目を気にせず、楽しみながら付き合えることがこの製品の最大の利点ではないかと思います。

そういう意図の元、私は今回VELOを購入しましたし、もし特段煙であることにこだわりがないのであれば、このような嗅ぎ煙草にシフトしていくのはポジティブな楽しみ方ではないでしょうか?

また、昨今のコロナ禍においては、喫煙者の方がコロナウィルスでの発症死亡リスクが高いとも言われておりますので、肺に負担をかけないこの製品は時勢にも合っているように思います。

Translate

ページビューの合計

注意書き

基本的にごった煮ブログですので、カテゴリから記事を参照していただけると読みやすいかと存じます。

ADBlocker等を使用していると、Twitterやアクセスカウンタが表示されません。

記事を読むには差し支えませんが、情報を参照したい場合には一時例外にしていただけると全てご参照いただけます。

Featured Post

ボイドラDICEの攻略法

QooQ